格安SIMとはいったい何?

格安SIMとは料金のとても安い通信サービス(通話やインターネット接続等の事)及びそれを利用できるSIMカードの事を言います。
ここで聞きなれないSIMカードというものについて、これは携帯電話(iPhoneやガラケー等)に刺して使うもので、これがある事によって通話やネット接続の使用が可能になるものです。

 

要するにこれがないと通信が出来ない=携帯電話としての役割を果たさないものですが、ドコモやソフトバンク等の大手企業でスマートフォンの契約を行った場合、月額でおおよそ5,000円以上掛かります。
それを最近月額1,000円や安い所では500円で利用できるプランが【格安SIM】として参上するようになりました。

 

その安さを実現できた理由は、他社で通信設備を持つ事で設備に投資するお金が不要である事
利用できる通信量に制限がある事、一般的な格安SIMの取り引きをネット上で行う事で、人件費を安く抑えている事。
これらによって、大手企業に比べてかなり安価でスマートフォン等を利用出来るようになりました。

 

ただし、格安SIMが全ての点において優れているというわけではありません。まず、携帯電話を所持するに当ってはSIMカードと別に購入する必要があります。
現状スマホ等を持っている場合で新しく届くSIMカードに対応するのであれば特に問題はありませんが、それを持っていない場合や新しく替えたい場合は、新しく携帯電話を買ってまで激安SIMに切り替えるべきかを総合的に考える必要があるかもしれません。
次に通話に必ず料金が発生します。

 

格安SIMの場合は30秒につき20円が基本となります。これはLine等の無料通話を使えば特に問題ないように思えますが、そもそもが他社に通信設備を依存し利用できる通信量が限られている事から、時間帯などによっては通話が困難になります。
また、ネット接続も同様に通信速度が速いとは言えず、時間帯によっては動画の読み込みにとても時間を要する場合がある事も注意が必要です。

楽天モバイルのススメ

通話料金が30秒20円の為、格安SIMへの移行を躊躇してる人が多いですよね。
そこで、楽天モバイルは、月額850円で5分間かけ放題オプションを用意しております。

これにより、月々の携帯料金がかなり安くすることができますので、格安SIMを検討中の方は楽天モバイルからの購入がおすすめです!

 

最後に、現在大手キャリアで契約中の場合は解約に当って違約金が発生する事があります。
これは、現在契約中の企業に問い合わせを行い違約金が発生しても解約すべきか、今は継続した方が良いかを自分で判断する必要があります。
メリット・デメリットがある激安SIMですが、今では比較サイトもありますのでそれを確認して、総合的に判断する事をお勧めします。